医薬品が安いドラッグストアやネット販売

医薬品が安いドラッグストアやネット販売

最近、家の近所にもドラッグストアが増えた。
家の家内もよく使っているし、自分も時々利用している。
近頃はドラッグストアと言いつつ医薬品以外にも食品や日用品まで置いてある上に営業時間も長いので大変助かる。
それでいつも思うのが、ドラッグストアだと医薬品が安いということだ。
例えば、昔ながら個人経営の薬局と比べると同じものでも割引になっている。
それは家内の使う化粧品などもそうらしく、おそらく大手なのでそういうこともできるのだろう。
医薬品の価格がどう決まっているのかは知らないが、普通の商品でも大きな店の方がまとまって入荷する分割安なのできっと同じようなものだとは思う。
それに、それ以外にもいろいろな日用品や食品も他と比べて安くなっているのは嬉しいところだ。
中にはそこらのホームセンターやスーパーより安いものもあるということで、家内としても店を選んで買ったりしているらしい。
ちなみに、最近ではネットで安く買える医薬品や化粧品もあるらしく、それも使っているという事だ。

安い医薬品と言えばジェネリック商品

そして、ドラッグストアと言えば最近多いのがジェネリック医薬品というものだ。
従来の有名なメーカー品と成分は同じで、価格が安い後発の商品で、比べてみるとジェネリックの方がずいぶん安い価格になっている。
ジェネリック品はプライベートブランドとしても展開しているようで、店としても勧めたいのか、レジにメーカー品を持っていくとジェネリック品にしませんかとわざわざ出してきたりする事もある。
自分も値段が安いならその方がいいかと思うが、やはりここで少し悩んでしまう。
いくら成分が同じだろうと、やはり医薬品なので安かろう悪かろうでは困ってしまう。
あれも悪く言ってしまえばパチモンという感じもしてしまって、ただ値段が安ければいいというようには思えないからだ。
実際内容量もジェネリック品の方が多いことが普通で、その方が割安なのは間違いない。
医薬品の中でも安いもの
しかし、薬の効果というのは単純に成分だけでなく、気分的なものも大きい気がする。
安い高いではなく、いつものあの薬を使えば効く、という気分も重要だと思うのだが。