修理やお手入れが簡単なのは?コーヒーマシンの種類

修理やお手入れが簡単なのは?コーヒーマシンの種類

先ほどお話した、知人会社のコーヒーマシン導入から興味を持ち始めた私。
私が使う場合は自宅になりますが、知人会社のような高級なマシンはなかなか難しいと思ったので、コーヒーマシンにどんな種類があるかを調べてみました。
自宅で使うとなると、お手入れや修理も簡単な方が良いですしね。
調べた結果、ざっくりと3種類あることがわかりました。
ひとつはドリップ式のマシン。
フィルターに粉を入れて、お湯を注ぐスタンダードなものですね。
でもこれでは楽だけど物足りない。
とも思ったんですが、こちらのタイプにはミルという豆を挽いてくれる機械がついているものもあるそうです。
これなら少し本格コーヒーが楽しめるかもしれません。
お値段も5千円からミル付きでも2万以下くらいとお財布にも優しいです。
2つ目の種類はカプセル式のもの。
豆ではなくカプセルを使用してコーヒーを入れるもので、メリットは1杯から簡単に作れ、お手入れや修理も簡単なところ。
値段は5千円から4万くらいと、高いものはそれなりに高額。
そして最後の種類が、大本命のエスプレッソマシンです!コーヒーマシンといえばやはりこちらですよね。
ミルクタンクなどがついていて、カフェラテやカプチーノも簡単に作れますし、憧れですね。
しかし、上を見たらキリがない値段と、お手入れや修理の手間が不安な要素でもあります。
皆様でしたら、どのコーヒーマシンを選びますか?