わたしがフレンチブルドッグを飼った理由

わたしがフレンチブルドッグを飼った理由

わたしは昔から犬が大好きです。
わたしが生まれたときからうちには犬がいて、家族でした。
今はフレンチブルドッグを飼っています。
わたしがこどものときには柴犬がうちにいました。
わたしの両親が結婚したばかりの頃に手に入れたそうです。
わたしにとって、その柴犬は兄のような、弟のような存在でした。
そして、わたしが中学のころに息を引き取るまで、本当に楽しい思い出がたくさんできました。
その子がいなくなってから、本当にさびしかったのですが、わたしもわたしの両親も他の動物を飼う気にはなれませんでした。
代わりになるものなんてなかったからです。
しかし、わたしが犬を好きな気持ちは変わりませんでした。
街で犬を散歩させている人を見ると、近寄ってしまうし、ペットショップなどにも立ち寄ってしまいます。
そして、社会人になり、一人暮らしをしてしばらくして、あるペットショップで出会ったのがフレンチブルドッグです。
もう犬は飼わないと思っていたのですが、どうしても気になってしまい、飼うことにしました。

フレンチブルドッグの魅力

子どものころに飼っていたのは柴犬です。
もう一度柴犬を飼おうとは思いませんでした。
なぜなら、どうしても子どものころのあの子のことを思い出してしまうからです。
また動物を飼うのは辞めようと思っていたのですが、どうしても犬が好きな気持ちは抑えられず、お店で出会ったフレンチブルドッグと家族になることにしたのです。
ちょうど一人暮らしに慣れたころのことでした。
はじめは一人で自由な生活を楽しんでいたのですが、だんだんその生活にも慣れて、飽きてきて、さびしくなってきました。
そんなときに、出会ったフレンチブルドッグですが、もう家族になって1年ほどになります。
本当にかわいらしくて癒されます。
いつもにこにことしていて、わたしに話しかけてきます。
なので、うちにいるときはいつもかまいたくなってしまって、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

わたしだけでなく、友人などに対しても、にこにことして近づくので、みんなから愛されています。
この愛くるしさこそが、フレンチブルドッグの魅力です。