障害者求人をどのように探すか

障害者求人をどのように探すか

障害者求人に特化した就職・転職支援サポートというのがあります。
公的機関による就業支援だけではなく、いわゆる就職活動支援サイトのひとつとしてそういうものがあります。
とはいえ、障害者といっても、身体障害者や精神障害者がいて、その中でもさまざまな障害の程度があります。
多くの企業はそのような障害者たちにも雇用の門戸を開いているのです。
しかし、いわゆる一般向けの転職サイトや求人サイトと何も異なることはありません。
特別なことを求めるわけではないのです。
もちろん求人を検索するにあたって、車椅子での就業が可能であるか、透析の配慮はあるか、自動車通勤は可能か、といった障害に対する全社的な取り組みの有無を確認することはできます。
しかし、それ以外で障害者求人に求められるのは、自分が障害があったとしてもそれを乗り越えて会社にどう貢献できるか、あるいは仕事を通してどのようなスキルを身につけたいのかというモチベーションが問われているのです。

理解ある会社と出会うための障害者求人

就職活動サイトや転職活動サイトを見ていてつい注目してしまうのは、実績ではないでしょうか。
障害者求人でも同様のことがもちろんアピールされています。
しかし、注目すべきなのは、先輩ユーザーの声と、実際に就職や転職をする際にこのサイトを通すとどう具体的に自分にとってプラスになるのかを見極めることです。
サイトによっては、雇用に際して知っておきたい様々な用語を説明してくれているサイトがあります。
フレックスコアや第二新卒といった一般的になった用語もありますが、オープンポジションや特例子会社、障害者雇用率、ジョブコーチといった普段では目にすることがあまり少ないであろう用語もあります。
サイトによっては、キャリアアドバイザーという担当がついて、面接の練習などを通してアドバイスをしてもらえたり、話し方や話す内容あるいはマナーなどをアドバイスしてくれるサイトもあるようです。
障害者求人を探すにあたってさまざまな情報を使いながら理解のある会社と出会えることが一番大事でしょう。

障害者求人の就職フェアとはどういうものか

いわゆる求人・転職サイトで障害者求人に条件を絞って探すのもよいかもしれませんが、そのような求人のみを扱っている就職支援サイトをさがすほうが確実です。
サイトの中には、実際に求人をだしている企業をあつめた就職フェアを行っているところもあります。
これは、実際に採用担当者がその場に来ているので、求職者にとっても採用する企業にとっても大きなメリットがあるでしょう。
というのも、仕事とはつまるところ、人と人との信頼が構築されるものだからです。
名前を聞いたことのある企業であったとしても、実際の中の様子は担当者と話してみることで初めてうかがい知ることができることもあります。
障害者求人だからといって臆することなく、自分が聞きたいこと、自分のというひとりの人間の魅力を積極的にアピールしていくことが大切なのではないでしょうか。

フェアによっては、実際に働いている障害者の先輩たちの声を聞く機会があることもあるようです。
実際に自分の障害の内容をどう伝えて採用されたのかを聞くことは大事な経験になるでしょう。