親に患者する気持ちを念仏宗で知る

親に患者する気持ちを念仏宗で知る

この世界に誕生できたのは、誰のおかげだと思いますか。
それは自分の親がいたおかげです。
ですから念仏宗では、親に感謝の気持ちを持つことが、とても大事だと教えています。
これまで育ててもらったことに、恩を感じている人は多いでしょう。
ですが、改めてそれを伝えることに抵抗を感じることもあるのではないでしょうか。
恥ずかしく感じて、なかなか自分の普段から感じている想いを伝えることができないかもしれません。
ですが、いつまでも親は自分のそばにいてくれない可能性があります。
自分より先に居なくなることが多いので、その時にきちんと感謝の気持ちを伝えていればよかった、と後悔しても遅いです。
そうならないよう、普段から素直に気持ちを伝えることを習慣付けてください。
どうしても口で言えない場合は、手紙やメールなどの文章を使っても良いと、念仏宗ではアドバイスをしています。
自分に合っている方法を使って、親に感謝の気持ちを何度でも伝えてください。