ハンナンが提供する安全で安心のお肉

ハンナンが提供する安全で安心のお肉

ハンナンフーズが提供するお肉は、さまざまな条件をクリアした安全で安心できる品質のお肉です。
アメリカやオーストラリアから仕入れてくるお肉の生産拠点が安定した品質を確保しているかをハンナンの社員が訪問してチェック。
安心・安全が重要視される現在において非常に強みになっているといえるでしょう。
特に、品質に厳しいアメリカやオーストラリアはハンナン独自のブランドとして、日本全国のスーパーやレストランを経由してお客様のもとに届いています。
もちろん、安全・安心の品質は現地の規格だけでなく、日本で定められた規格に則った品質を保っています。
もちろん、製品の安全と安心はお肉だけではありません。
提供するウィンナーやハムなどの加工製品も同様の安全性を確保したうえで、日本にある加工工場で作られるハムやウィンナーなどはハンナンオリジナル製品として提供しています。
百貨店や通信販売で入手できる、安全で安心の製品です。
高品質のお肉をおいしく食べられる条件を整えたブランドで食べたいですよね。

安全と安心を守るハンナンの取り組み

食品は人々の健康に直接関わる製品なので、品質管理の重要性は非常に高いもの。
ハンナンの加工工場では、ニーズに合わせたさまざまな食肉製品を毎日生産しています。
その際に重要となるのが、品質と規格。
「最適な品質とは何か」「最適な品質にするためには、どのような決まりが必要なのか」をハンナンが独自に策定。
高品質の製品を提供するために、非常に厳しい品質管理体制を構築し、適切に運用できるようにしています。
お肉自体の品質はもちろんのこと、加工場の安全や衛生面も含めてチェックできるよう、専門部署を置いています。
専門部署は、各工程に定められたさまざまな項目に合わせて点検。
結果で異常が出た場合には、改善の指導を行い、高品質の製品ができるようにしています。
ハンナンにとって、「安全で安心」は最高の付加価値。
これからも、高品質の製品を提供するために、原料肉から出荷まで厳しい検査をして、安全で安心を提供できる製品にしていきます。

さまざまなニーズに応えるハンナン

日本だけでなく、アメリカ、オーストラリア、中国、韓国にも展開しているハンナンフーズグループ。
食肉向けの生体牛を肥育から製品の規格・製造・販売まで一つのフローとして事業を展開している会社です。
グループの始まりは1947年。
いち早く輸入食肉の調達ルートを確保、販売までに展開し、日本の食文化に貢献してきた歴史があります。
現在のハンナンフーズは、売上高・取扱量は業界でもトップクラス。
特にいち早く着目した輸入食肉に対しては長年の信頼関係を構築したアメリカ、オーストラリアといった主要生産国の生産者および食肉製造企業と取引を行い、日本向けの品質規格に合致した製品を安定した仕入れを実現しています。
もちろん、日本国内にも拠点を持つことで、迅速な対応と安定した供給も可能。

さまざまなニーズに応えられるグループになっています。
ハンナングループは確かな品質を食卓に届けられる管理を徹底するグローバルな会社としてさまざまなニーズに応えていきます。