部屋も片づき水道水をウォーターサーバーで飲んでご機嫌

部屋も片づき水道水をウォーターサーバーで飲んでご機嫌

水道水直結型のウォーターサーバーを入れた。
簡単に取り付けられるかと思ったのだが、業者が来て取り付けてくれることになり、多少の取り付け代がかかったのは仕方ない。
それを含めてもボトル代と定期的に送られてくるミネラルウォーター代に比べるとはるかにコストパフォーマンスに優れている。
直結型を選んだことで、蛇口を捻ればサーバーから水道水が出てくるので、自然と食器や野菜を洗ったりするのにも使うことによりその効果も結構あるようだ。
とにかく私としては、段ボール箱で水を購入しなくて済むことと、一週間に一度空のペットボトルを捨てる作業がなくなったことでご機嫌だ。
狭いワンルームの床が隅々まで見渡せるようになって広くなった印象を与えてくれる。
一つ計算違いだったのは、水道水直結型でもある一定期間が経つとカートリッジの交換が必要なこと。
これが結構な出費なのだ。
プリンターは安く買えても、インクカートリッジ代がかかるのと似ている。
だからと言って、直結型ウォーターサーバーを選んだことを後悔していない。
トータル的なコストはそれでも安いし、何しろ部屋がスッキリした。
この部屋は当分移る予定はないので、永らく直結型ウォーターサーバーの水道水にはお世話になることになる。