日本ロール製造などで作られている塩化ビニール管の特徴や用途

日本ロール製造などで作られている塩化ビニール管の特徴や用途

日本ロール製造などで作られている塩化ビニール管にはチューブとよばれる軟質のものと硬質のものがあり、上下水道などには硬質塩化ビニール管が多く使用されてます。
塩化ビニール樹脂を主原料とした材料から作られ赤サビなどが出ないことから水道管をはじめ上下水道・土木用・電線管など幅広い用途に使用することができ需要も多く、日本ロール製造では創業以来ポリエチレン管(テーロンパイプ)と塩化ビニール管の製造・販売を続けてきました。
主原料となる腐食に強い塩化ビニール樹脂に良質な安定剤や顔料を加えて、加熱した押出し成形機で製造される硬質塩化ビニール管は、内側が滑らかに仕上がり摩擦抵抗が小さいため異物の発生や汚物の付着が極めて少ないため効率よく通水することができます。
また日本ロール製造で作られている硬質塩化ビニール管は軽量なので運搬がしやすく、施工現場での取り扱いが楽な点や形状や種類も豊富に揃っていることから、さまざまな場所の施工に対応することができ幅広く使用されています。