区分マンション投資を大阪エリアで検討中

区分マンション投資を大阪エリアで検討中

以前から不動産投資に興味があったんですが、会社の先輩にも薦められたのもあって現在大阪で区分マンション投資を検討中です。
勉強のために調べた事をまとめてみたいと思います。
そもそも区分マンション投資なんてあまり聞いたこともなかったんですが、簡単に言うと分譲マンションなどを購入して、それを賃貸で貸し出して利益を得るという投資方法なんです。
僕みたいに不動産投資をしたくても、土地含めた一軒家や、マンション丸々一棟、なんてとても手が届かないような人でもマンションの一部屋なら圧倒的に費用を安く投資が始められるという所がポイント。
大阪だと中古でうまく探せば数百万とかでローンを組まなくてもなんとかなりそうな物件もある、ってことを先輩に教えてもらってから、毎日インターネットで検索したり、時々不動産屋さんに話を聞きに行ったり。
やっぱりいい物件は早い者勝ちなので、チャンスを逃さないよう、大阪のいい区分マンション探し頑張ります。

大阪で買う区分マンションのメリットデメリット

引き続き大阪で区分マンションを探していますが、メリット、デメリットも知ってよりよい物件を探したいと思います。
まずメリットとしては、一部屋単位での所有なので、もしゆくゆく売却する際にも売りやすいということと、管理会社が建物の清掃や駐輪場・ゴミ置場などの建物内施設も管理してくれるので、大家としてそういった管理や整備の手間がかからないということです。
これはズボラな人には大きなメリットです。
今後のためにも管理会社がどういった会社なのか、というところもきちんと注目して物件を選びたいものです。
デメリットとしては、入居者募集の際に、同じマンションの他の部屋との差別化が難しく、どうしても値下げ合戦になりがちということ、それと、建物が老朽化してきた場合の修繕には他の住民との話し合いが必要になるということ、が挙げられます。
これらは区分マンションでは避けては通れないことなので頭に入れておきましょう。
このメリットデメリットを参考に、大阪の区分マンション探しはいくつか良さそうな物件が出てきました。
楽しみです。

大阪など都市部での区分マンションの気になる利回り

大阪などの都市部の区分マンション投資における利回りは、現在どの程度なのか、ネットや営業さんの話を聞きながら勉強中です。
そもそも僕自身が利回りは「高いほど利益率が高いということ」という程度の知識しかなく、知らないことだらけです。
不動産投資でいう利回りとは「満室時の年収÷物件価格」という計算方法ということも初めて知りました。
しかし、利回りが高ければ高いほどいい物件というわけではないのであまりこの数字ばかりに気を取られてしまうと足をすくわれる、というのは会社の先輩談ですが、「利回りが良い」ということは、想定の家賃に比べて売却価格が安いということですので必ずそこに何かしらの理由があるはずです。

周辺環境を含めた立地であったり、中古であれば特に耐震性も気になるポイントです。
また、修繕費や管理費などの諸経費を含めた利回りを指す「実質利回り」も忘れずチェックです。
大阪で区分マンションを探していて、利回りの良い物件ほどすぐ飛びつきそうになりますが、そういう時こそ冷静な判断を意識しなくてはならないですね。