新品と再生バッテリーの性能の違い

新品と再生バッテリーの性能の違い

新品と再生バッテリーの性能について。
実際のところ、そんなに変わりがないのではと思ったりする。
再生バッテリーでも、整備がきちんとされているもの、新品同様の信頼の置けるものであればいいのかと。
品質が問題であって、バッテリーとして必要である耐久性、車が必要としている条件や自分が必要としている条件をクリアしているかどうかが大事なのかなと。
そこに、使う側の感情を入れてしまうのは、車を大切にしたい気持ちはみんな同じだが、車にとっては嬉しくないのかなとも思ったり。
また、それだけの条件をクリアできるメンテナンス状態であるということも絶対条件として整備する必要はあると思う。
使う側の気持ちを理解しながら信頼性のあるものを提供する必要がある。
服飾系のリサイクル品は、見た目こそ重要になってくる部分もあったりするが、再生バッテリーや電子機器などは、使用するにあたって十分な機能を持ち、ある部分では妥協もできるならば、再生されたものでもいいのでは思う。
その上で、新品か再生品を選ぶかは利用者の判断に任せられる。