再生バッテリーにおける経済効果について

再生バッテリーにおける経済効果について

リサイクルにおける経済効果について考えてみた。
そこにはもちろん需要と供給の関係もある。
そのバランスが取れて、初めて経済効果が出てくると思う。
新車には新品のバッテリーが入るのはデフォルトだと思うので、その後はきちんとメンテナンスされた再生バッテリーでも可能では、と思う。
新品との価格差がどれだけあるかにもよるが、購入する時は少しでも安いほうがいい。
実際に使ってみないとわからない部分もあるとは思うが、自分の理想と整備後の説明や評価を考慮し新品と比べて遜色ないようならば、再生バッテリーでもいいのではと思う。
さらに、自分で交換できれば安く済むだろうし、もし自分で交換できなくてもバッテリーの価格を抑えるだけで他の箇所のグレードを上げることができる、とか、プラスの方向に進む事もあるかなと。
買う側が持つ優先順位もあるだろうが、車とかに限らず、片方が低価格で収まれば別な箇所はグレードを上げられる、ということを考えると、全体的にみても相乗効果があったりするのでは…と思ったりもする。