再生バッテリーとリサイクル

再生バッテリーとリサイクル

「再生」といえばリサイクルという言葉が最初に浮かんできた。
最近は充電式の電池もあり、よく使われる大きさの乾電池はそれで間に合うので、いわゆる乾電池を買う機会は少なくなってきているかもしれない。
車にも充電式のものが出てきて、あちこちの施設で充電可能な駐車場を見かけたりする。
再生バッテリーにおいても似たようなことが言えるのかなと思う。
整備し直された再生バッテリーを使うことによってゴミの減少にもつながり、交換して再利用できるものは他の部分で活躍の場ができる。
また整備する人たちにとっても、どれだけ新品に近い状態まで整備できるかという経験が腕を上げたりするという効果もあるのかなと。
再生バッテリーが可能な物について調べる
使い回しできるものにも限界はあるが、環境問題がある現代では再利用できるものはするという意識が大切で、そこまでは感謝の気持ちを持って使わせてもらう、という気持ちが大切になるのではと思う。
再生バッテリーを使う側の意識や考えもあるが、新品、リサイクル、という言葉だけで惑わされることなく、中身や使い方を考慮した上で選ぶことが大事になってくると思う。