FHF32EX-N-Hは本当に目に良いのか?

FHF32EX-N-Hは本当に目に良いのか?

光と温度というのは、密接に関係しています。
調べていく中で、物理学の分野で使われている「色温度」というものが、FHF32EX-N-H蛍光灯を始めとする蛍光灯を作る上で重要なものだということが分かりました。
では、「色温度」とは何なのでしょうか?物質から出される光エネルギーを吸収し、そのエネルギーを100%放出できる黒体があったとします。
その黒体を熱していくと、温度が上がる度に赤、黄色、白、青白色と変化していきます。
変わりゆく中、その時々の色に対しての温度のことを「色温度」と呼んでおり、単位はK(ケルビン)が使用されます。
この色温度は、数値が低いほど暖色系、高いほど寒色系の光であると定められています。
最も目に良いとされる太陽光が5000〜6000K、朝日や夕日がおよそ2000Kとされています。
その数値に近ければ近いほど、目に優しい蛍光灯となり、FHF32EX-N-H蛍光灯は5000K、つまり太陽光に非常に近い色温度なので、とても目に良いのです。