江戸の昔のエクステと池袋

江戸の昔のエクステと池袋

江戸時代、池袋周辺は江戸近郊の池袋村と言う田舎でした。
今のように発展し始めたのは、鉄道ができた明治時代以降です。
江戸時代、この地域の女性は江戸の商家などの資産家に女中として出稼ぎに出ることが多かったようです。
こうした出稼ぎ女性は、玉の輿にのることも多く、帰ってこない女性があとを絶たなかったために、村の男性は時として彼女たちの流出を阻止すべく手を焼いたという話もあります。
田舎から都会に出てきた女性が戻りたがらないという現象は昔からあったのではないかと思われます。
というのも、現代でも都会の女性は化粧もうまく美しく着飾ってとても魅力的です。
それは江戸時代にも同様だったことでしょう。
なんと、かもじと呼ばれるエクステまであり髪を結い上げてボリュームを出していたという話です。
それは遊郭などの女性にとどまらず、広く一般にも使われていました。
エクステは今では人工のものもありますが、当時の江戸庶民の女性は散髪した時の髪をとっておき、買取に来る商人に売っていたのだそうです。

エクステと池袋の関係

エクステってどんな理由でつける人が多いのでしょうか。
女の子たちの間で人気のエクステは、いけている女性の間では、つけているだけで「あの子つけてる、かわいいー」となるのだそうです。
でも、もともとの目的は髪の長さやボリュームをアップさせること。
これはまさに、女の子の変身願望を満たしてくれるものなのです。
実は変身願望が強い女の子にぴったりの街が東京にあります。
それは池袋です。
埼玉などからの沿線の終着駅的な場所であり、多くの若い女性が放課後や休日に集まってきます。
一昔前と比べて池袋は、いっそうの人気と活気ある街になっています。
日常から非日常への変身をするにはうってつけ。
一方、池袋は、東口と西口では、若者の街と大人の街という二面性を兼ね備えた街でもあるのです。
エクステを池袋でつける
大学や専門学校も多いこの街では、大人になりかけの女の子が、昼間は短い髪でアクティブに過ごし、夜になるとエクステをつけて魅力的な女性へと変身していたりもするのです。
池袋にエクステはマストアイテムといえそうですね。