カウンセリングセンターのさきがけである関東学院高等学校

カウンセリングセンターのさきがけである関東学院高等学校

いまでは当たり前になっている生徒のカウンセリングを行なう場所。
関東学院高等学校では、1960年に開設した日本におけるスクールカウンセリングのさきがけです。
生徒一人ひとりが相談しやすいように、カウンセリングセンターは教室棟とは別の位置に設置されています。
そのセンターには専門的な訓練を受けた男女2名のカウンセラーが常駐しており、生徒・保護者からの相談に随時対応しています。
カウンセリングの中では、相談を受けに来た人がカウンセラーとの話し合いをすることで、自分自身が抱えている問題を明確にし、これからの行動に向けた心持ちや行動指針を決めていけるようにしています。
つまり、自分から自立して大きな一歩を踏み出せるようにすることが大きな目標としています。
もちろん、生徒自身が精神的にも成長・発達していけるように、相談しやすい場所になれるよう活動も行なっているのです。
生徒だけでなく、保護者も相談できる場所であること。
それが関東学院高等学校のカウンセリングセンターなのです。