レーザ穴あけ加工機を新調するにあたり

レーザ穴あけ加工機を新調するにあたり

うちの会社で使用している現在のレーザ穴あけ加工機ですが、まだ使用可能なのですが、ずいぶん古くなったことと、事業拡大に向けて、もう一台新しいレーザ機械を迎え入れようという話し合いで決まりました。
そこで久しぶりに穴あけレーザ加工機について販売している会社などの商品説明を読んでいると、現在使用している機械に比べて随分技術が発展していることにまず驚きました。
場合によっては今自社で使用している機械では加工できなかった商品もこの最新のものであれば、加工が可能になるというこで、諦めていた新しい商品に関しても手を出せるチャンスが出てきそうなのです。
実際、説明を受けて実物を見学しに行かせてもらいましたが、やはり想像以上に素晴らしい機器でびっくりしました。
社長のGoサインも出たので、こちらの商品を購入決定するつもりです。
担当の方々にも、詳しい説明や紹介をしてもらい大変勉強になりました。
ありがとうございました。

穴あけレーザ機を捜し求めて

小さな町工場をしているのですが、新しい商品開発の為に、穴あけ用レーザ加工機の導入が必須となりました。
そこで、全くこちらの穴あけレーザ機に関しては素人なのですが、できれば良い機械と出会えるようにと、下調べを始めました。
同業者の方々からのありがたい意見を頂戴したり、それを元に自分でも各機械について調べてみたり、実際足を運んで商品を見せてもらったり。
最終的には、殆どの仕様に関してはほぼ同じなのですが、加工可能な素材の違いがいくつかあったり、また営業マンの方々の人柄なんかでここで決めようと思いました。
こちらの営業の方は私どもがこの機械に関しては全くの素人であったので、一から誰でもわかるように説明をして下さり、社員にも使用方法などの基礎を伝授してくださったり、またアフターケアーもしっかりしているということで、何かあればすぐに飛んできてくれるという頼もしい方でした。
半年以上この穴あけ用レーザ加工機の下調べをしましたが、これにして本当に良かったと思っています。

レーザ穴あけ装置の技術の高さに驚きました

弊社で使用している穴あけ加工機はドリルによる穴あけ機でした。
そこで今は最新技術のレーザ機があるということで、こちらの機械に切り替えるべく、レーザ加工機の業者を色々と調べて回ってみました。
そこで驚いたのが、従来のドリルによる機械に比べて、レーザのそれは随分優れた機械になっていたことです。
私達は浦島太郎のような気分でした。
もちろん、今までのドリルでも作業に問題があったわけではないのですが、最新技術に変えることで、作業効率が何倍も上がるということと、また今までに加工できなかった素材も作業可能になるということ。
そして新しい商品にも着手でき、事業拡大も夢ではなくなってきたというわけです。
レーザで穴あけ作業
もちろん機械自体は大変高価でありますが、将来性を考えると、今後色々な材料の加工も可能で、複合加工や、複数の場所での作業を一台の発信器から行えるという優れた特性を重視し、導入を検討したいと思います。
またこちらの担当の方も大変良くしてくださっているので、安心してこれからもお付き合いできます。