排卵チェッカーを使う際に気を付けたいこととは?

排卵チェッカーを使う際に気を付けたいこととは?

妊娠を望む女性にとって、排卵日をしっかりと特定することってとても重要ですよね。

特に、働く女性が増えてきた近頃では、昔と違って、女性の生理周期が不定期であったり、定期的に生理が来る人にとってもストレスや体調からホルモンバランスを崩しがちです。

排卵日の特定には「排卵チェッカー」が最も効率的で、信用ができる(と、個人的には感じている)のですが、実際に使う前に注意点もいくつか知っておく必要があります。

排卵チェッカーの購入の際には薬剤師や医師と相談することになるかと思いますが、不妊治療で別の薬を使用している方、内分泌障害を持つ方、HCG産生腫瘍がある方は事前にご相談ください。

また、中絶、流産、分娩の経験がある方は、最初の生理が終わってから排卵チェッカーを使うようにしてくださいね。

使用の際には、過剰な水分摂取や極度な運動は避けましょう。

尿に含まれるLH濃度が変化してしまうため、正しく判定できない可能性があるそうです。

体内の水分量、という意味ではアルコールやカフェインの過剰摂取も控えた方がよさそうですが、それらが直接的に判定に影響があるかというとそういうわけではないそうです。

そのほか、薬や喫煙はLH濃度には影響がないようですね。